RSS | ATOM | SEARCH
食の安全性について考えてみる

まず先にお知らせです。
『サンふじ中玉セット(B-1、B-2)』と、『葉取らずふじ』は品切れとなりました。
以降、ファミリーセットは『サンふじ(傷あり)』で発送させて頂きます。

そして本題。
リンゴもミカンも、栽培にあたって一般的には農薬を使います。
福岡の市場で聞いた話なのですが、低農薬でミカンを作っている方が、年間の農薬散布回数を消費者に伝えるようにしたところ、一般的な農薬散布回数より少ないにもかかわらず、「そんなに農薬かけてるの?」という反応が返ってきたそうです。
確かに農薬の散布回数や濃度など、一般の方が知る由もないのですが、消費者に正確な情報が伝わらないのは、やはり問題のような気がします。

1か月ほど前、畑で仕事をしながらNHKのラジオを聞いていました。長野県で無農薬栽培のリンゴを生産している方の話だったと思いますが、パーソナリティの方が「作物すべてが無農薬栽培になればいいのに」のような発言をされていました。
無農薬栽培の作物が、農薬を適正使用した作物に比べて安全かというと、実はそれほど安全ではないのです。
メディアの情報不足か、はたまた情報操作か。何にしても、『無農薬=安全』『農薬使用=危険』といったイメージが出来上がっている気がします。

無農薬栽培の良い点は、何と言っても残留農薬がほぼ無い事です。
農薬使用の作物でも、用法容量を適正に使用したものであれば、人体に影響を及ぼさない、ごくごく僅かな残留農薬しか残りません。農薬使用の作物を食べて育った世代の方(私もですが)が、いたって元気に生活していることからも明らかです。
しかし、そのごく僅かな残留農薬に、アレルギー反応を起こす方が稀にいます。そういった方には、無農薬栽培の作物は無くてはならないでしょう。

では、無農薬栽培の作物にはアレルギー物質はないのか?
あります。それも、農薬栽培作物よりも多量のアレルギー物質が。
農薬使用栽培の場合、作物の天敵となる害虫や細菌を激減させることができますが、無農薬栽培の場合は、それら天敵の脅威に晒され続けることになります。
そこで、作物は自衛のために自然農薬と呼ばれるアレルギー物質を作り出し、蓄積していくというわけです。
アレルギー性疾患は、個々人によって反応するアレルギー物質や量が異なるので、必ず発症するというものではありませんが、単純に比較した場合、無農薬栽培作物を摂取し続けた方が、アレルギー性疾患を発症しやすいということになります。
食の安全に最も厳しいとされるヨーロッパでも、以上の事から農薬を適正使用した作物の摂取を推奨しています。

無農薬栽培作物を、子供の健康のためにと与えている方は特に注意が必要です。子供の方がアレルギー性物質を取り込みやすいので、アレルギー性疾患にもなりやすいです。

微量の残留農薬に反応してしまう方には、無農薬栽培の作物は必要。
無農薬と農薬使用、どちらが良いかは食べる人が判断すればよい事だと思います。
ただ選ぶ前提として、一般の方に正しい情報を持って欲しいと思います。
メディアの偏った情報発信に疑問を抱いたので、ちょっとここで書いてみました。

author:永田農園, category:つぶやき, 23:59
comments(0), -, -
熊本ミカン研修3
みかんの樹

ミカンは、全然熟していない真緑な状態でも食べられるそうです。

リンゴは、でんぷんが糖に変わっていく果物なので、未熟だとでんぷんが残っていて美味しくありません。雑味があり、後味も悪いです。

ミカンの場合、未熟な時期は「クエン酸」がほとんどで、熟すに従って糖が増えてくるそうで、未熟でも雑味は無いそうです。
未熟なミカンの方が香りが強いらしく、真緑なミカンを好んで食べる方もいるそうです。
当然、物凄くすっぱいとのこと。

真緑なミカン、一度食べてみたいです。
author:永田農園, category:農業研修, 23:59
comments(0), -, -
熊本ミカン研修2

同じ果樹でも、リンゴは落葉樹。ミカンは常緑樹。

リンゴは冬が近くなると葉が枯れ始め、自然に果実が落ちやすい状態になります。
多少のコツはありますが、リンゴの収穫は片手でもぎ取ることができます。

ところがミカンは、ハサミがないと収穫できません。
無理に引っ張ろうものなら、果皮が破けてしまい、売り物にならなくなってしまいます。
しかも、ハサミでミカンの皮をちょっとでも傷つけようものなら、出荷の途中で腐ってしまうとのこと。
なので、ハサミ傷のついたミカンは捨てるように言われました。

農家さんの話を聞く分には、収穫までの作業はリンゴの方が手間がかかりそうですが、収穫は圧倒的にミカンの方が大変でした。
リンゴでも斜面の畑はありますが、ミカン畑ほど急斜面ではありませんし、リンゴもミカンも同じように大変だなぁと、つくづく思いました。

だんだん畑

author:永田農園, category:農業研修, 23:59
comments(0), -, -
熊本ミカン研修
今回の研修に参加したのは80名弱。
二人一組になって、農家さんのお宅へ泊りがけでの作業体験です。
私は熊本県玉名郡天水町のミカン農家、「橘華園」の中山剛志さんの所にお世話になりました。

天水町の風景

作業体験した畑から見える風景です。
天水町は古くからミカン栽培に取り掛かった地域だそうで、急な斜面を切り開いた畑が多かったです。
作業は大変ですが、高地のだんだん畑の方が、品質のよいミカンが採れるそうです。

写真に映っている遠くの方が、(かすんで見えまえんが)島原半島。
かなりの距離がありますが、海風が吹き込んできます。
熊本の気温は青森より高いですが、風はとても冷たかったです。
author:永田農園, category:農業研修, 23:59
comments(0), -, -
九州へ研修に行ってきました。
青森県では2年に一度、各市町村から数名〜数十名選出して集め、リンゴ生産後継者を育成する事業があります。
「りんご産業基幹青年」という名称で、費用は各市町村が負担。
今年で28期という息の長い事業で、私も今年から、この基幹青年に参加しています。
12/3〜12/8の間に、基幹青年の九州研修があり、熊本でのミカン収穫や、福岡のイチゴ栽培、青果市場の視察などを行ってきました。 

熊本、天水町のミカン

ミカンの研修については、明日また投稿します。
この研修もあったりで、実は畑の越冬準備がまだ終わっていません。
ホームページの更新は畑の越冬準備が終わってからになります。
author:永田農園, category:農業研修, 23:59
comments(0), -, -
重要なお知らせ
 

※重要なお知らせ※

11/29の21時から、11/30の13:00まで、
FAXの調子が悪く受信ができない状態となっていました。
FAX本体に履歴も残っていないため、
ご連絡を差し上げることが出来ません。
お心当たりの方は大変恐縮ですが、確認のご連絡を下さるか、
FAXを再送下さるようお願い致します。

以下のお2人は、ご注文を確認できております。
11/30、11:09、埼玉県飯能市の坂本様
11/30、12:29、愛媛県松山市の石井様

申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

author:永田農園, category:重要なお知らせ, 13:14
comments(0), -, -
お待たせしました!

3週間も更新できず
ですが・・・11/26に、ようやく収穫が終わりました!
リンゴをお待ち頂いているお客様、本当にお待たせしてスミマセン!

昨日、ご案内を発送しました。
11/30になってもお手元に届かない場合は、恐れ入りますがご連絡下さい。
ホームページも、リニューアルしたものに今晩(たぶん深夜になるかと)差し替え予定です。
といっても工事中のページが多く、まだまだ手を入れなければなのですが。

今年の収穫は天候が悪く、一日中晴れの日が全くありませんでした。
毎日毎日、雨か雪が降る中での収穫で、まぁ捗らないこと。

収穫中の雪 リンゴにも雪

還暦を過ぎた祖父も、こんなに晴れないのは初めてだと言っていました。
大げさに言えば、100年に一度くらいの天候の悪さといったところでしょうか。

お待たせした分だけ、美味しいリンゴが出来ました。味はご期待ください。
皆様からのご注文、お待ちしております

author:永田農園, category:農作業日記, 07:17
comments(0), -, -
今日は何の日?
 今日はブログ更新する予定ではなかったんですが、今日「11/5」は、「1(い)1(い)0(リン)5(ゴ)」の日だそうで、なんとなく更新してみようかなと。

今日で"有袋ふじ"の収穫が終わり、"王林"という黄色品種の収穫に取り掛かりました。
王林の後は、"サンふじ"→"葉取らずふじ"の順に収穫して終了ですが、まだ2週間はかかるかな。
最後に畑の越冬準備をして、ようやく産直リンゴに取り掛かれるという流れです。

ちなみに現在、ホームページ更新中です。今月中には公開できるよう頑張ってます。
リニューアルの際に生産者の写真を載せようということで、本日、何枚か写真撮りました。
ボツ写真ですが、ちょっといい雰囲気のがあったので添付

author:永田農園, category:農作業日記, 23:00
comments(0), -, -
そろそろ”ふじ”の収穫です
今年は台風に見舞われることもなく安心していたのですが、なにやら11/2は強風になるとの予報。
しかも昨日までの情報では、瞬間最大風速は30m/sらしい。
それって台風と同じじゃん!

落下したリンゴは当然のこと、大きな傷がついたリンゴも売り物にはなりません。
ということで、大急ぎで風当たりの強い場所の”有袋(ゆうたい)ふじ”を収穫しました。

普段は収穫しながら、大きさ・着色の良し悪し・傷の有無などを確認して箱に仕分けるのですが、今回は仕分け後回しでとにかく収穫。

午前9時頃に最も風が強くなるとの予報だったので、9時過ぎまで収穫し続けました。
幸い、被害を受けるほどの強風は吹かなかったので一安心。

画像はほんの一部ですが、こんな感じで未仕分けのリンゴがいっぱい。
有袋ふじ

ちなみに”有袋ふじ”は、”サンふじ”に比べて糖度が高くないぶん貯蔵性を高くした育て方。
農協や業者の大型冷蔵庫で保存され、”サンふじ”がなくなってくると販売されます。
最新の冷蔵設備だと、ほぼ通年で保存・出荷できるみたいですね。



author:永田農園, category:農作業日記, 10:00
comments(0), -, -
只今繁忙期真最中
 タイトルを漢字だけにしてみたら、なんだか中国語っぽいですね。
さてさて、ブログ移動1回目の投稿です。

今は晩生種("ふじ"など、11月収穫の品種)の着色作業中です。
すでにスーパーに出回っている「弘前ふじ」などは中生品種で、もともとの"ふじ"とは異なります。
中生種の"ふじ"というのは、いわゆる突然変異なのですが、詳しいことはそのうちホームページ(http://applefarmclub.com)の方で紹介したいと思います。

着色作業というのは、リンゴが「まんべんなく赤く」色づくようにする作業です。
品種にもよりますが、リンゴの果皮表面に日光が当たると"アントシアニン"という色素が作られます。これがリンゴの赤い色の正体。
なので、なるべく日のあたる面積が多くなるよう、果実周囲の葉を取って色づくまで1週間程度待ち、次にリンゴをくるりと回転させて、日陰になっていた部分にも日光を当てます。
"アントシアニン"が作られるのは気温15℃〜20℃の頃だけなので、時間との戦いです。

最近は朝夕が冷え込んできて指先がかじかみますが、収穫まで1か月ほど。
ラストスパートで頑張ります!
author:永田農園, category:農作業日記, 05:00
comments(0), -, -